万葉集3183番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3183番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3183番について

歌番号

3183番

原文

京師邊|君者去之乎|孰解可|言紐緒乃|結手懈毛

訓読

都辺に君は去にしを誰が解けか我が紐の緒の結ふ手たゆきも

かな読み

みやこへに|きみはいにしを|たがとけか|わがひものをの|ゆふてたゆきも

カタカナ読み

ミヤコヘニ|キミハイニシヲ|タガトケカ|ワガヒモノヲノ|ユフテタユキモ

ローマ字読み|大文字

MIYAKOHENI|KIMIHAINISHIO|TAGATOKEKA|WAGAHIMONONO|YUFUTETAYUKIMO

ローマ字読み|小文字

miyakoheni|kimihainishio|tagatokeka|wagahimonono|yufutetayukimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|遊行女婦|羈旅|恋情

校異

紐【元】【古】紐乃

寛永版本

みやこへに[寛],
きみはいにしを[寛],
たがとけか,[寛]たれとけか,
わがひものをの,[寛]わかひものをの,
ゆふてたゆきも,[寛]むすひてとけも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました