万葉集3217番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3217番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3217番について

歌番号

3217番

原文

荒津海|吾幣奉|将齋|早<還>座|面變不為

訓読

荒津の海我れ幣奉り斎ひてむ早帰りませ面変りせず

かな読み

あらつのうみ|われぬさまつり|いはひてむ|はやかへりませ|おもがはりせず

カタカナ読み

アラツノウミ|ワレヌサマツリ|イハヒテム|ハヤカヘリマセ|オモガハリセズ

ローマ字読み|大文字

ARATSUNOMI|WARENUSAMATSURI|IHAHITEMU|HAYAKAHERIMASE|OMOGAHARISEZU

ローマ字読み|小文字

aratsunomi|warenusamatsuri|ihahitemu|hayakaherimase|omogaharisezu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

地名|福岡|手向醎|出発|遊行女婦|送別|羈旅|恋情

校異

速->還【西(訂正右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

あらつのうみ[寛],
われぬさまつり[寛],
いはひてむ[寛],
はやかへりませ[寛],
おもがはりせず,[寛]おもかはりせて,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました