万葉集3203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3203番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3203番について

歌番号

3203番

原文

三沙呉居|渚尓居舟之|榜出去者|裏戀監|後者會宿友

訓読

みさご居る洲に居る舟の漕ぎ出なばうら恋しけむ後は逢ひぬとも

かな読み

みさごゐる|すにゐるふねの|こぎでなば|うらごほしけむ|のちはあひぬとも

カタカナ読み

ミサゴヰル|スニヰルフネノ|コギデナバ|ウラゴホシケム|ノチハアヒヌトモ

ローマ字読み|大文字

MISAGOIRU|SUNIIRUFUNENO|KOGIDENABA|URAGOHOSHIKEMU|NOCHIHAAHINUTOMO

ローマ字読み|小文字

misagoiru|suniirufuneno|kogidenaba|uragohoshikemu|nochihaahinutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|別離|出発|遊行女婦|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

みさごゐる,[寛]みさこゐる
すにゐるふねの,[寛]すにをるふねの,
こぎでなば,[寛]こきいてなは,
うらごほしけむ,[寛]うらこひしけむ,
のちはあひぬとも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました