万葉集3820番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3820番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3820番について

歌番号

3820番

原文

夕附日|指哉河邊尓|構屋之|形乎宜美|諾所因来

訓読

夕づく日さすや川辺に作る屋の形をよろしみうべ寄そりけり

かな読み

ゆふづくひ|さすやかはへに|つくるやの|かたをよろしみ|うべよそりけり

カタカナ読み

ユフヅクヒ|サスヤカハヘニ|ツクルヤノ|カタヲヨロシミ|ウベヨソリケリ

ローマ字読み|大文字

YUFUZUKUHI|SASUYAKAHAHENI|TSUKURUYANO|KATAOYOROSHIMI|UBEYOSORIKERI

ローマ字読み|小文字

yufuzukuhi|sasuyakahaheni|tsukuruyano|kataoyoroshimi|ubeyosorikeri

左注|左註

右歌二首小鯛王宴居之日取琴|登時必先吟詠此歌也|其小鯛王者更名置始多久美斯人也

事項|分類・ジャンル

雑歌|置始工|置始多久美|誦詠|宴席|伝承|遊行女婦|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ゆふづくひ,[寛]ゆふつくひ,
さすやかはへに[寛],
つくるやの[寛],
かたをよろしみ,[寛]かたちをよしみ,
うべよそりけり,[寛]しかそよりくる,

巻数

第16巻

作者

小鯛王

タイトルとURLをコピーしました