万葉集3898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3898番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3898番について

歌番号

3898番

原文

大船乃|宇倍尓之居婆|安麻久毛乃|多度伎毛思良受|歌乞和我世

訓読

大船の上にし居れば天雲のたどきも知らず歌ひこそ我が背

かな読み

おほぶねの|うへにしをれば|あまくもの|たどきもしらず|うたひこそわがせ

カタカナ読み

オホブネノ|ウヘニシヲレバ|アマクモノ|タドキモシラズ|ウタヒコソワガセ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENO|UHENISHIOREBA|AMAKUMONO|TADOKIMOSHIRAZU|UTAHIKOSOWAGASE

ローマ字読み|小文字

ohobuneno|uhenishioreba|amakumono|tadokimoshirazu|utahikosowagase

左注|左註

右九首作者不審姓名

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|羈旅大伴旅人|女歌|遊行女婦

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねの,[寛]おほふねの,
うへにしをれば,[寛]うへにしをれは,
あまくもの[寛],
たどきもしらず,[寛]たときもしらす,
うたひこそわがせ,[寛]うたこつわかせ,

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました