万葉集3819番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3819番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3819番について

歌番号

3819番

原文

暮立之|雨打零者|春日野之|草花之末乃|白露於母保遊

訓読

夕立の雨うち降れば春日野の尾花が末の白露思ほゆ

かな読み

ゆふだちの|あめうちふれば|かすがのの|をばながうれの|しらつゆおもほゆ

カタカナ読み

ユフダチノ|アメウチフレバ|カスガノノ|ヲバナガウレノ|シラツユオモホユ

ローマ字読み|大文字

YUFUDACHINO|AMEUCHIFUREBA|KASUGANONO|OBANAGAURENO|SHIRATSUYUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

yufudachino|ameuchifureba|kasuganono|obanagaureno|shiratsuyuomohoyu

左注|左註

右歌二首小鯛王宴居之日取琴|登時必先吟詠此歌也|其小鯛王者更名置始多久美斯人也

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|地名|奈良|譬喩|恋愛|伝承|誦詠|置始工|置始多久美|遊行女婦

校異

特に無し

寛永版本

ゆふだちの,[寛]ゆふたちの,
あめうちふれば,[寛]あめうちふれは,
かすがのの,[寛]かすかのの,
をばながうれの,[寛]をはなかすえの,
しらつゆおもほゆ[寛],

巻数

第16巻

作者

小鯛王

タイトルとURLをコピーしました