万葉集3177番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3177番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3177番について

歌番号

3177番

原文

然海部之|礒尓苅干|名告藻之|名者告手師乎|如何相難寸

訓読

志賀の海人の礒に刈り干すなのりその名は告りてしを何か逢ひかたき

かな読み

しかのあまの|いそにかりほす|なのりその|なはのりてしを|なにかあひかたき

カタカナ読み

シカノアマノ|イソニカリホス|ナノリソノ|ナハノリテシヲ|ナニカアヒカタキ

ローマ字読み|大文字

SHIKANOAMANO|ISONIKARIHOSU|NANORISONO|NAHANORITESHIO|NANIKAAHIKATAKI

ローマ字読み|小文字

shikanoamano|isonikarihosu|nanorisono|nahanoriteshio|nanikaahikataki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|福岡|植物|序詞|女歌|羈旅|遊行女婦

校異

特に無し

寛永版本

しかのあまの[寛],
いそにかりほす[寛],
なのりその,[寛]なのりそか,
なはのりてしを,[寛]なはつけてしを,
なにかあひかたき,[寛]なそあひかたき,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました