万葉集3897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3897番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3897番について

歌番号

3897番

原文

大海乃|於久可母之良受|由久和礼乎|何時伎麻佐武等|問之兒<良>波母

訓読

大海の奥かも知らず行く我れをいつ来まさむと問ひし子らはも

かな読み

おほうみの|おくかもしらず|ゆくわれを|いつきまさむと|とひしこらはも

カタカナ読み

オホウミノ|オクカモシラズ|ユクワレヲ|イツキマサムト|トヒシコラハモ

ローマ字読み|大文字

OHOMINO|OKUKAMOSHIRAZU|YUKUWAREO|ITSUKIMASAMUTO|TOHISHIKORAHAMO

ローマ字読み|小文字

ohomino|okukamoshirazu|yukuwareo|itsukimasamuto|tohishikorahamo

左注|左註

右九首作者不審姓名

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|羈旅|望郷|恋情|遊行女婦|大伴旅人

校異

等->良【元】【類】

寛永版本

おほうみの[寛],
おくかもしらず,[寛]きくかもしらす,
ゆくわれを[寛],
いつきまさむと[寛],
とひしこらはも[寛],

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました