万葉集3427番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3427番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3427番について

歌番号

3427番

原文

筑紫奈留|尓抱布兒由恵尓|美知能久乃|可刀利乎登女乃|由比思比毛等久

訓読

筑紫なるにほふ子ゆゑに陸奥の可刀利娘子の結ひし紐解く

かな読み

つくしなる|にほふこゆゑに|みちのくの|かとりをとめの|ゆひしひもとく

カタカナ読み

ツクシナル|ニホフコユヱニ|ミチノクノ|カトリヲトメノ|ユヒシヒモトク

ローマ字読み|大文字

TSUKUSHINARU|NIHOFUKOYUENI|MICHINOKUNO|KATORIOTOMENO|YUHISHIHIMOTOKU

ローマ字読み|小文字

tsukushinaru|nihofukoyueni|michinokuno|katoriotomeno|yuhishihimotoku

左注|左註

右三首陸奥國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|福島県|東北地方|地名|筑紫|福岡|遊行女婦|浮気|恋愛|防人

校異

特に無し

寛永版本

つくしなる[寛],
にほふこゆゑに[寛],
みちのくの[寛],
かとりをとめの[寛],
ゆひしひもとく[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました