万葉集3160番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3160番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3160番について

歌番号

3160番

原文

奥浪|邊浪之来依|貞浦乃|此左太過而|後将戀鴨

訓読

沖つ波辺波の来寄る佐太の浦のこのさだ過ぎて後恋ひむかも

かな読み

おきつなみ|へなみのきよる|さだのうらの|このさだすぎて|のちこひむかも

カタカナ読み

オキツナミ|ヘナミノキヨル|サダノウラノ|コノサダスギテ|ノチコヒムカモ

ローマ字読み|大文字

OKITSUNAMI|HENAMINOKIYORU|SADANORANO|KONOSADASUGITE|NOCHIKOHIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

okitsunami|henaminokiyoru|sadanorano|konosadasugite|nochikohimukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|序詞|遊行女婦|恋情|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

おきつなみ[寛],
へなみのきよる[寛],
さだのうらの,[寛]さたのうらの,
このさだすぎて,[寛]このさたすきて,
のちこひむかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました