万葉集3151番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3151番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3151番について

歌番号

3151番

原文

外耳|君乎相見而|木綿牒|手向乃山乎|明日香越将去

訓読

外のみに君を相見て木綿畳手向けの山を明日か越え去なむ

かな読み

よそのみに|きみをあひみて|ゆふたたみ|たむけのやまを|あすかこえいなむ

カタカナ読み

ヨソノミニ|キミヲアヒミテ|ユフタタミ|タムケノヤマヲ|アスカコエイナム

ローマ字読み|大文字

YOSONOMINI|KIMIOAHIMITE|YUFUTATAMI|TAMUKENOYAMAO|ASUKAKOEINAMU

ローマ字読み|小文字

yosonomini|kimioahimite|yufutatami|tamukenoyamao|asukakoeinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|羈旅|遊行女婦|恋情

校異

特に無し

寛永版本

よそのみに,[寛]よそにのみ,
きみをあひみて[寛],
ゆふたたみ[寛],
たむけのやまを[寛],
あすかこえいなむ,[寛]あすかこえなむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました