万葉集3169番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3169番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3169番について

歌番号

3169番

原文

能登海尓|釣為海部之|射去火之|光尓伊徃|月待香光

訓読

能登の海に釣する海人の漁り火の光りにいませ月待ちがてり

かな読み

のとのうみに|つりするあまの|いざりひの|ひかりにいませ|つきまちがてり

カタカナ読み

ノトノウミニ|ツリスルアマノ|イザリヒノ|ヒカリニイマセ|ツキマチガテリ

ローマ字読み|大文字

NOTONOMINI|TSURISURUAMANO|IZARIHINO|HIKARINIIMASE|TSUKIMACHIGATERI

ローマ字読み|小文字

notonomini|tsurisuruamano|izarihino|hikariniimase|tsukimachigateri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|地名|能登|石川|遊行女婦|誘媿歌

校異

特に無し

寛永版本

のとのうみに[寛],
つりするあまの[寛],
いざりひの[寛],
ひかりにいませ[寛],
つきまちがてり,[寛]つきまちかてら,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました