主人讃美

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4498番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4498番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4498番について歌番号4498番原文波之伎余之|家布能安路自波|伊蘇麻都能|都祢尓伊麻佐祢|伊麻母美流其等訓読はしきよし今日の主人は礒松の常にいまさね今も見るごとかな読みは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4500番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4500番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4500番について歌番号4500番原文宇梅能波奈|香乎加具波之美|等保家杼母|己許呂母之努尓|伎美乎之曽於毛布訓読梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしぞ思ふかな読みう...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4501番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4501番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4501番について歌番号4501番原文夜知久佐能|波奈波宇都呂布|等伎波奈流|麻都能左要太乎|和礼波牟須婆奈訓読八千種の花は移ろふ常盤なる松のさ枝を我れは結ばなかな読みやちく...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4503番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4503番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4503番について歌番号4503番原文伎美我伊敝能|伊氣乃之良奈美|伊蘇尓与世|之婆之婆美等母|安加無伎弥加毛訓読君が家の池の白波礒に寄せしばしば見とも飽かむ君かもかな読みき...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4505番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4505番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4505番について歌番号4505番原文伊蘇能宇良尓|都祢欲比伎須牟|乎之杼里能|乎之伎安我未波|伎美我末仁麻尓訓読礒の裏に常呼び来住む鴛鴦の惜しき我が身は君がまにまにかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4481番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4481番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4481番について歌番号4481番原文安之比奇能|夜都乎乃都婆吉|都良々々尓|美等母安米也|宇恵弖家流伎美訓読あしひきの八つ峰の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君かな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4442番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4442番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4442番について歌番号4442番原文和我勢故我|夜度乃奈弖之故|比奈良倍弖|安米波布礼杼母|伊呂毛可波良受訓読我が背子が宿のなでしこ日並べて雨は降れども色も変らずかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4449番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4449番について歌番号4449番原文奈弖之故我|波奈等里母知弖|宇都良々々々|美麻久能富之伎|吉美尓母安流加母訓読なでしこが花取り持ちてうつらうつら見まくの欲しき君にもある...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4450番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4450番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4450番について歌番号4450番原文和我勢故我|夜度能奈弖之故|知良米也母|伊夜波都波奈尓|佐伎波麻須等母訓読我が背子が宿のなでしこ散らめやもいや初花に咲きは増すともかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4451番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4451番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4451番について歌番号4451番原文宇流波之美|安我毛布伎美波|奈弖之故我|波奈尓奈倍弖|美礼杼安可奴香母訓読うるはしみ我が思ふ君はなでしこが花になそへて見れど飽かぬかもか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4457番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4457番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4457番について歌番号4457番原文須美乃江能|波麻末都我根乃|之多倍弖|和我見流乎努能|久佐奈加利曽祢訓読住吉の浜松が根の下延へて我が見る小野の草な刈りそねかな読みすみの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4299番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4299番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4299番について歌番号4299番原文年月波|安良多々々々尓|安比美礼騰|安我毛布伎美波|安伎太良奴可母|訓読年月は新た新たに相見れど我が思ふ君は飽き足らぬかも|かな読みとし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4302番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4302番について歌番号4302番原文夜麻夫伎波|奈埿都々於保佐牟|安里都々母|伎美伎麻之都々|可射之多里家利訓読山吹は撫でつつ生ほさむありつつも君来ましつつかざしたりけりか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4304番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4304番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4304番について歌番号4304番原文夜麻夫伎乃|花能左香利尓|可久乃其等|伎美乎見麻久波|知登世尓母我母訓読山吹の花の盛りにかくのごと君を見まくは千年にもがもかな読みやまぶ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4269番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4269番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4269番について歌番号4269番原文余曽能未尓|見者有之乎|今日見者|年尓不忘|所念可母訓読よそのみに見ればありしを今日見ては年に忘れず思ほえむかもかな読みよそのみに|みれ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4086番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4086番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4086番について歌番号4086番原文安夫良火|比可里尓見由流|和我可豆良|佐由利能波奈能|恵麻波之伎香母訓読油火の光りに見ゆる吾がかづらさ百合の花の笑まはしきかもかな読みあ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4087番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4087番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4087番について歌番号4087番原文等毛之火能|比可里尓見由流|由理婆奈|由利毛安波牟等|於母比曽米弖伎訓読灯火の光りに見ゆるさ百合花ゆりも逢はむと思ひそめてきかな読みとも...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4088番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4088番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4088番について歌番号4088番原文左由理奈|由毛安波牟等|於毛倍許曽|伊能麻左可母|宇流波之美須礼訓読さ百合花ゆりも逢はむと思へこそ今のまさかもうるはしみすれかな読みさゆ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1576番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1576番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1576番について歌番号1576番原文此岳尓|小鹿履起|宇加埿良比|可聞可為良久|君故尓許曽訓読この岡に小鹿踏み起しうかねらひかもかもすらく君故にこそかな読み...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1577番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1577番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1577番について歌番号1577番原文秋野之|草花我末乎|押靡而|来之久毛知久|相流君可聞訓読秋の野の尾花が末を押しなべて来しくもしるく逢へる君かもかな読みあ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1578番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1578番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1578番について歌番号1578番原文今朝鳴而|行之鴈鳴|寒可聞|此野乃淺茅|色付尓家類訓読今朝鳴きて行きし雁が音寒みかもこの野の浅茅色づきにけるかな読みけさ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1584番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1584番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1584番について歌番号1584番原文将見跡|吾念君者|秋山|始葉尓|似許曽有家礼訓読めづらしと我が思ふ君は秋山の初黄葉に似てこそありけれかな読みめづらしと|...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1483番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1483番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1483番について歌番号1483番原文吾背子之|屋戸乃橘|花乎吉美|鳴霍公鳥|見曽吾来之訓読我が背子が宿の橘花をよみ鳴く霍公鳥見にぞ我が来しかな読みわがせこが...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1014番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1014番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1014番について歌番号1014番原文前日毛|昨日毛日毛|雖見|明日左倍見巻|欲寸君香聞訓読一昨日も昨日も今日も見つれども明日さへ見まく欲しき君かもかな読みを...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1024番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1024番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1024番について歌番号1024番原文長門有|奥津借嶋|奥真經而|吾念君者|千歳尓母我毛訓読長門なる沖つ借島奥まへて我が思ふ君は千年にもがもかな読みながとなる...
タイトルとURLをコピーしました