万葉集1576番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1576番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1576番について

歌番号

1576番

原文

此岳尓|小<壮>鹿履起|宇加埿良比|可聞可<聞>為良久|君故尓許曽

訓読

この岡に小鹿踏み起しうかねらひかもかもすらく君故にこそ

かな読み

このをかに|をしかふみおこし|うかねらひ|かもかもすらく|きみゆゑにこそ

カタカナ読み

コノヲカニ|ヲシカフミオコシ|ウカネラヒ|カモカモスラク|キミユヱニコソ

ローマ字読み|大文字

KONOKANI|OSHIKAFUMIOKOSHI|UKANERAHI|KAMOKAMOSURAKU|KIMIYUENIKOSO

ローマ字読み|小文字

konokani|oshikafumiokoshi|ukanerahi|kamokamosuraku|kimiyuenikoso

左注|左註

右一首長門守巨曽倍朝臣津嶋|天平十年戊寅秋八月廿日

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|宴席|橘諸兄|天平10年8月20日年紀|主人讃美|動物

校異

牡->壮【定本】|開->聞【代匠記精撰本】

寛永版本

このをかに[寛],
をしかふみおこし[寛],
うかねらひ[寛],
かもかもすらく,[寛]かもかくすらく,
きみゆゑにこそ,[寛]きみゆへにこそ,

巻数

第8巻

作者

巨曽倍津嶋

タイトルとURLをコピーしました