万葉集4269番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4269番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4269番について

歌番号

4269番

原文

余曽能未尓|見者有之乎|今日見者|年尓不忘|所念可母

訓読

よそのみに見ればありしを今日見ては年に忘れず思ほえむかも

かな読み

よそのみに|みればありしを|けふみては|としにわすれず|おもほえむかも

カタカナ読み

ヨソノミニ|ミレバアリシヲ|ケフミテハ|トシニワスレズ|オモホエムカモ

ローマ字読み|大文字

YOSONOMINI|MIREBAARISHIO|KEFUMITEHA|TOSHINIWASUREZU|OMOHOEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

yosonomini|mirebaarishio|kefumiteha|toshiniwasurezu|omohoemukamo

左注|左註

右一首太上天皇御歌

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月8日年紀|橘諸兄|肆宴|宴席|主人讃美

校異

特に無し

寛永版本

よそのみに[寛],
みればありしを,[寛]みれはありしを,
けふみては,[寛]けふみれは,
としにわすれず,[寛]としにわすれす,
おもほえむかも,[寛]おもほゆるかも,

巻数

第19巻

作者

聖武天皇

タイトルとURLをコピーしました