万葉集1024番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1024番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1024番について

歌番号

1024番

原文

長門有|奥津借嶋|奥真經而|吾念君者|千歳尓母我毛

訓読

長門なる沖つ借島奥まへて我が思ふ君は千年にもがも

かな読み

ながとなる|おきつかりしま|おくまへて|あがもふきみは|ちとせにもがも

カタカナ読み

ナガトナル|オキツカリシマ|オクマヘテ|アガモフキミハ|チトセニモガモ

ローマ字読み|大文字

NAGATONARU|OKITSUKARISHIMA|OKUMAHETE|AGAMOFUKIMIHA|CHITOSENIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

nagatonaru|okitsukarishima|okumahete|agamofukimiha|chitosenimogamo

左注|左註

右一首長門守巨曽倍對馬朝臣

事項|分類・ジャンル

雑歌|橘諸兄|天平11年8月20日年紀|主人讃美|宴席|山口|長門|長寿|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ながとなる,[寛]なかとなる,
おきつかりしま[寛],
おくまへて,[寛]おきまへて,
あがもふきみは,[寛]わかおもふきみは,
ちとせにもがも,[寛]ちとせにもかも,

巻数

第6巻

作者

巨曽倍對馬

タイトルとURLをコピーしました