万葉集4505番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4505番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4505番について

歌番号

4505番

原文

伊蘇能宇良尓|都祢欲比伎須牟|乎之杼里能|乎之伎安我未波|伎美我末仁麻尓

訓読

礒の裏に常呼び来住む鴛鴦の惜しき我が身は君がまにまに

かな読み

いそのうらに|つねよびきすむ|をしどりの|をしきあがみは|きみがまにまに

カタカナ読み

イソノウラニ|ツネヨビキスム|ヲシドリノ|ヲシキアガミハ|キミガマニマニ

ローマ字読み|大文字

ISONORANI|TSUNEYOBIKISUMU|OSHIDORINO|OSHIKIAGAMIHA|KIMIGAMANIMANI

ローマ字読み|小文字

isonorani|tsuneyobikisumu|oshidorino|oshikiagamiha|kimigamanimani

左注|左註

右一首治部少輔大原今城真人

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年2月年紀|宴席|中臣清麻呂|序詞|動物|主人讃美|忠誠

校異

特に無し

寛永版本

いそのうらに[寛],
つねよびきすむ,[寛]つねよひきすむ,
をしどりの,[寛]をしとりの,
をしきあがみは,[寛]をしきあかみは,
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,

巻数

第20巻

作者

大原今城

タイトルとURLをコピーしました