万葉集4086番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4086番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4086番について

歌番号

4086番

原文

安夫良火<乃>|比可里尓見由流|和我可豆良|佐由利能波奈能|恵麻波之伎香母

訓読

油火の光りに見ゆる吾がかづらさ百合の花の笑まはしきかも

かな読み

あぶらひの|ひかりにみゆる|わがかづら|さゆりのはなの|ゑまはしきかも

カタカナ読み

アブラヒノ|ヒカリニミユル|ワガカヅラ|サユリノハナノ|ヱマハシキカモ

ローマ字読み|大文字

ABURAHINO|HIKARINIMIYURU|WAGAKAZURA|SAYURINOHANANO|EMAHASHIKIKAMO

ローマ字読み|小文字

aburahino|hikarinimiyuru|wagakazura|sayurinohanano|emahashikikamo

左注|左註

右一首守大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年5月9日年紀|植物|宴席|秦石竹|主人讃美|寿歌|高岡|富山

校異

能->乃【元】【類】

寛永版本

あぶらひの,[寛]あふらひの,
ひかりにみゆる[寛],
わがかづら,[寛]わかかつら,
さゆりのはなの[寛],
ゑまはしきかも[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました