万葉集4503番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4503番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4503番について

歌番号

4503番

原文

伎美我伊敝能|伊氣乃之良奈美|伊蘇尓与世|之婆之婆美等母|安加無伎弥加毛

訓読

君が家の池の白波礒に寄せしばしば見とも飽かむ君かも

かな読み

きみがいへの|いけのしらなみ|いそによせ|しばしばみとも|あかむきみかも

カタカナ読み

キミガイヘノ|イケノシラナミ|イソニヨセ|シバシバミトモ|アカムキミカモ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAIHENO|IKENOSHIRANAMI|ISONIYOSE|SHIBASHIBAMITOMO|AKAMUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

kimigaiheno|ikenoshiranami|isoniyose|shibashibamitomo|akamukimikamo

左注|左註

右一首右中辨大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年2月年紀|宴席|中臣清麻呂|主人讃美|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

きみがいへの,[寛]きみかいへの,
いけのしらなみ[寛],
いそによせ[寛],
しばしばみとも,[寛]しはしはみとも,
あかむきみかも[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました