万葉集1577番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1577番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1577番について

歌番号

1577番

原文

秋野之|草花我末乎|押靡而|来之久毛知久|相流君可聞

訓読

秋の野の尾花が末を押しなべて来しくもしるく逢へる君かも

かな読み

あきののの|をばながうれを|おしなべて|こしくもしるく|あへるきみかも

カタカナ読み

アキノノノ|ヲバナガウレヲ|オシナベテ|コシクモシルク|アヘルキミカモ

ローマ字読み|大文字

AKINONONO|OBANAGAUREO|OSHINABETE|KOSHIKUMOSHIRUKU|AHERUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

akinonono|obanagaureo|oshinabete|koshikumoshiruku|aherukimikamo

左注|左註

右二首阿倍朝臣蟲麻呂|天平十年戊寅秋八月廿日

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|宴席|橘諸兄|天平10年8月20日年紀|主人讃美|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきののの[寛],
をばながうれを,[寛]をはなかすゑを,
おしなべて,[寛]おしなへて,
こしくもしるく[寛],
あへるきみかも[寛],

巻数

第8巻

作者

阿倍虫麻呂

タイトルとURLをコピーしました