万葉集1014番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1014番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1014番について

歌番号

1014番

原文

前日毛|昨日毛<今>日毛|雖見|明日左倍見巻|欲寸君香聞

訓読

一昨日も昨日も今日も見つれども明日さへ見まく欲しき君かも

かな読み

をとつひも|きのふもけふも|みつれども|あすさへみまく|ほしききみかも

カタカナ読み

ヲトツヒモ|キノフモケフモ|ミツレドモ|アスサヘミマク|ホシキキミカモ

ローマ字読み|大文字

OTOTSUHIMO|KINOFUMOKEFUMO|MITSUREDOMO|ASUSAHEMIMAKU|HOSHIKIKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

ototsuhimo|kinofumokefumo|mitsuredomo|asusahemimaku|hoshikikimikamo

左注|左註

右一首橘宿祢文成|[即少卿之子也]

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|主人讃美|天平9年

校異

尓->今【西(貼紙)】【元】【類】【紀】

寛永版本

をとつひも,[寛]さきつひも,
きのふもけふも[寛],
みつれども,[寛]みつれとも,
あすさへみまく[寛],
ほしききみかも[寛],

巻数

第6巻

作者

橘文成

タイトルとURLをコピーしました