万葉集1483番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1483番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1483番について

歌番号

1483番

原文

吾背子之|屋戸乃橘|花乎吉美|鳴霍公鳥|見曽吾来之

訓読

我が背子が宿の橘花をよみ鳴く霍公鳥見にぞ我が来し

かな読み

わがせこが|やどのたちばな|はなをよみ|なくほととぎす|みにぞわがこし

カタカナ読み

ワガセコガ|ヤドノタチバナ|ハナヲヨミ|ナクホトトギス|ミニゾワガコシ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|YADONOTACHIBANA|HANAOYOMI|NAKUHOTOTOGISU|MINIZOWAGAKOSHI

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|yadonotachibana|hanaoyomi|nakuhototogisu|minizowagakoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|宴席|主人讃美|植物|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
やどのたちばな,[寛]やとのたちはな,
はなをよみ[寛],
なくほととぎす,[寛]なくほとときす,
みにぞわがこし,[寛]みにそわかこし,

巻数

第8巻

作者

奄君諸立

タイトルとURLをコピーしました