配流

万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3776番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3776番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3776番について歌番号3776番原文家布毛可母|美也故奈里世婆|見麻久保里|尓之能御馬屋乃|刀尓多弖良麻之訓読今日もかも都なりせば見まく欲り西の御馬屋の外に立てらましかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3777番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3777番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3777番について歌番号3777番原文伎能布家布|伎美尓安波受弖|須流須敝能|多度伎乎之良尓|祢能未之曽奈久訓読昨日今日君に逢はずてするすべのたどきを知らに音のみしぞ泣くかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3781番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3781番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3781番について歌番号3781番原文多婢尓之弖|毛能毛布等吉尓|保等登藝須|毛等奈那難吉曽|安我古非麻左流訓読旅にして物思ふ時に霍公鳥もとなな鳴きそ我が恋まさるかな読みたび...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3782番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3782番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3782番について歌番号3782番原文安麻其毛理|毛能母布等伎尓|保等登藝須|和我須武佐刀尓|伎奈伎等余母須訓読雨隠り物思ふ時に霍公鳥我が住む里に来鳴き響もすかな読みあまごも...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3783番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3783番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3783番について歌番号3783番原文多婢尓之弖|伊毛尓古布礼婆|保登等伎須|和我須武佐刀尓|許奈伎和多流訓読旅にして妹に恋ふれば霍公鳥我が住む里にこよ鳴き渡るかな読みたびに...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3784番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3784番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3784番について歌番号3784番原文許己呂奈伎|登里尓曽安利家流|保登等藝須|毛能毛布等伎尓|奈久倍吉毛能可訓読心なき鳥にぞありける霍公鳥物思ふ時に鳴くべきものかかな読みこ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3785番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3785番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3785番について歌番号3785番原文保登等藝須|安比太之麻思於家|奈我奈氣婆|安我毛布許己呂|伊多母須敝奈之訓読霍公鳥間しまし置け汝が鳴けば我が思ふ心いたもすべなしかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3755番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3755番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3755番について歌番号3755番原文宇流波之等|安我毛布伊毛乎|山川乎|奈可尓敝奈里弖|夜須家久毛奈之訓読愛しと我が思ふ妹を山川を中にへなりて安けくもなしかな読みうるはしと...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3756番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3756番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3756番について歌番号3756番原文牟可比為弖|一日毛於知受|見之可杼母|伊等波奴伊毛乎|都奇和多流麻弖訓読向ひ居て一日もおちず見しかども厭はぬ妹を月わたるまでかな読みむか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3757番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3757番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3757番について歌番号3757番原文安我許曽|世伎夜麻要弖|許己尓安良米|許己呂波伊毛尓|与里尓之母能乎訓読我が身こそ関山越えてここにあらめ心は妹に寄りにしものをかな読みあ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3758番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3758番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3758番について歌番号3758番原文佐須太氣能|大宮人者|伊麻毛可母|比等奈夫理能|許能美多流良武|訓読さす竹の大宮人は今もかも人なぶりのみ好みたるらむ|かな読みさすだけの...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3759番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3759番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3759番について歌番号3759番原文多知可敝里|奈氣杼毛安礼波|之流思奈美|於毛比和夫礼弖|奴流欲之曽於保伎訓読たちかへり泣けども我れは験なみ思ひわぶれて寝る夜しぞ多きかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3760番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3760番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3760番について歌番号3760番原文左奴流欲波|於保久安礼杼母|毛能毛波受|夜須久奴流欲波|佐祢奈伎母能乎訓読さ寝る夜は多くあれども物思はず安く寝る夜はさねなきものをかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3761番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3761番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3761番について歌番号3761番原文与能奈可能|都年能己等和利|可久左麻尓|奈伎尓家良之|須恵之多祢可良訓読世の中の常のことわりかくさまになり来にけらしすゑし種からかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3762番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3762番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3762番について歌番号3762番原文和伎毛故尓|安布左可山乎|故要弖伎弖|奈伎都々乎礼杼|安布余思毛奈之訓読我妹子に逢坂山を越えて来て泣きつつ居れど逢ふよしもなしかな読みわ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3763番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3763番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3763番について歌番号3763番原文多婢等伊倍婆|許尓曽夜須伎|須敝毛奈久|々流思伎多婢毛|許等尓麻左米也母訓読旅と言へば言にぞやすきすべもなく苦しき旅も言にまさめやもかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3764番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3764番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3764番について歌番号3764番原文山川乎|奈可尓敝奈里弖|等保久登母|許己呂乎知可久|於毛保世和伎母訓読山川を中にへなりて遠くとも心を近く思ほせ我妹かな読みやまかはを|な...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3765番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3765番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3765番について歌番号3765番原文麻蘇可我美|可氣弖之奴敝等|麻都里太須|可多美乃母能乎|比等尓之賣須奈訓読まそ鏡懸けて偲へとまつり出す形見のものを人に示すなかな読みまそ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3766番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3766番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3766番について歌番号3766番原文宇流波之等|於毛比之於毛|之多婢毛尓|由比都氣毛知弖|夜麻受之努波世訓読愛しと思ひし思はば下紐に結ひつけ持ちてやまず偲はせかな読みうるは...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3742番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3742番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3742番について歌番号3742番原文安波牟日乎|其日等之良受|等許也未尓|伊豆礼能日麻弖|安礼古非乎良牟訓読逢はむ日をその日と知らず常闇にいづれの日まで我れ恋ひ居らむかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3743番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3743番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3743番について歌番号3743番原文多婢等伊倍婆|許等尓曽夜須伎|須久奈久毛|伊母尓戀都々|須敝奈家奈久尓訓読旅といへば言にぞやすきすくなくも妹に恋ひつつすべなけなくにかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3744番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3744番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3744番について歌番号3744番原文和伎毛故尓|古布流尓安礼波|多麻吉波流|美自可伎伊能知毛|乎之家久母奈思訓読我妹子に恋ふるに我れはたまきはる短き命も惜しけくもなしかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3745番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3745番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3745番について歌番号3745番原文伊能知安良婆|安布許登母安良牟|和我由恵尓|波太奈於毛比曽|伊能知多尓敝波訓読命あらば逢ふこともあらむ我がゆゑにはだな思ひそ命だに経ばか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3733番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3733番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3733番について歌番号3733番原文和伎毛故我|可多美能許呂母|奈可里世婆|奈尓毛能母弖加|伊能知都我麻之訓読我妹子が形見の衣なかりせば何物もてか命継がましかな読みわぎもこ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3734番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3734番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3734番について歌番号3734番原文等保伎山|世伎毛故要伎奴|伊麻左良尓|安布倍伎与之能|奈伎我佐夫之佐|訓読遠き山関も越え来ぬ今さらに逢ふべきよしのなきが寂しさ|かな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3735番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3735番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3735番について歌番号3735番原文於毛波受母|麻許等安里衣牟也|左奴流欲能|伊米尓毛伊母我|美延射良奈久尓訓読思はずもまことあり得むやさ寝る夜の夢にも妹が見えざらなくにか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3737番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3737番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3737番について歌番号3737番原文比等余里波|伊毛曽母安之伎|故非毛奈久|安良末毛能乎|於毛波之米都追訓読人よりは妹ぞも悪しき恋もなくあらましものを思はしめつつかな読みひ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3738番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3738番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3738番について歌番号3738番原文於毛比都追|奴礼婆可毛奈|奴婆多麻能|比等欲毛意知受|伊米尓之見由流訓読思ひつつ寝ればかもとなぬばたまの一夜もおちず夢にし見ゆるかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3739番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3739番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3739番について歌番号3739番原文可久婆可里|古非牟等可祢弖|之良末世婆|伊毛乎婆美受曽|安流倍久安里家留訓読かくばかり恋ひむとかねて知らませば妹をば見ずぞあるべくありけ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3740番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3740番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3740番について歌番号3740番原文安米都知能|可未奈伎毛能尓|安良婆許曽|安我毛布伊毛尓|安波受思仁世米訓読天地の神なきものにあらばこそ我が思ふ妹に逢はず死にせめかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3741番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3741番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3741番について歌番号3741番原文伊能知乎之|麻多久之安良婆|安里伎奴能|安里弖能知尓毛|安波射良米也母|訓読命をし全くしあらばあり衣のありて後にも逢はざらめやも|かな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3727番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3727番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3727番について歌番号3727番原文知里比治能|可受尓母安良奴|和礼由恵尓|於毛比和夫良牟|伊母我可奈思佐訓読塵泥の数にもあらぬ我れゆゑに思ひわぶらむ妹がかなしさかな読みち...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3728番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3728番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3728番について歌番号3728番原文安乎尓与之|奈良能於保知波|由余家杼|許能山道波|由伎安之可里家利訓読あをによし奈良の大道は行きよけどこの山道は行き悪しかりけりかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3729番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3729番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3729番について歌番号3729番原文宇流波之等|安我毛布伊毛乎|於毛比都追|由氣婆可母等奈|由伎安思可流良武訓読愛しと我が思ふ妹を思ひつつ行けばかもとな行き悪しかるらむかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3730番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3730番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3730番について歌番号3730番原文加思故美等|能良受安里思乎|美故之治能|多武氣尓多知弖|伊毛我名能里都訓読畏みと告らずありしをみ越道の手向けに立ちて妹が名告りつかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3731番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3731番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3731番について歌番号3731番原文於毛布恵尓|安布毛能奈良婆|之末思久毛|伊母我目可礼弖|安礼乎良米也母訓読思ふゑに逢ふものならばしましくも妹が目離れて我れ居らめやもかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3732番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3732番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3732番について歌番号3732番原文安可祢佐須|比流波毛能母比|奴婆多麻乃|欲流波須我良尓|祢能之奈加由訓読あかねさす昼は物思ひぬばたまの夜はすがらに音のみし泣かゆかな読み...
タイトルとURLをコピーしました