万葉集3762番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3762番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3762番について

歌番号

3762番

原文

和伎毛故尓|安布左可山乎|故要弖伎弖|奈伎都々乎礼杼|安布余思毛奈之

訓読

我妹子に逢坂山を越えて来て泣きつつ居れど逢ふよしもなし

かな読み

わぎもこに|あふさかやまを|こえてきて|なきつつをれど|あふよしもなし

カタカナ読み

ワギモコニ|アフサカヤマヲ|コエテキテ|ナキツツヲレド|アフヨシモナシ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|AFUSAKAYAMAO|KOETEKITE|NAKITSUTSUOREDO|AFUYOSHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|afusakayamao|koetekite|nakitsutsuoredo|afuyoshimonashi

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|枕詞|地名|滋賀県|大津市|悲別|悲嘆|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
あふさかやまを[寛],
こえてきて,[寛]こゑてきて,
なきつつをれど,[寛]なきつつをれと,
あふよしもなし[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました