万葉集3742番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3742番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3742番について

歌番号

3742番

原文

安波牟日乎|其日等之良受|等許也未尓|伊豆礼能日麻弖|安礼古非乎良牟

訓読

逢はむ日をその日と知らず常闇にいづれの日まで我れ恋ひ居らむ

かな読み

あはむひを|そのひとしらず|とこやみに|いづれのひまで|あれこひをらむ

カタカナ読み

アハムヒヲ|ソノヒトシラズ|トコヤミニ|イヅレノヒマデ|アレコヒヲラム

ローマ字読み|大文字

AHAMUHIO|SONOHITOSHIRAZU|TOKOYAMINI|IZURENOHIMADE|AREKOHIORAMU

ローマ字読み|小文字

ahamuhio|sonohitoshirazu|tokoyamini|izurenohimade|arekohioramu

左注|左註

右十四首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|悲別|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

あはむひを[寛],
そのひとしらず,[寛]そのひとしらす,
とこやみに[寛],
いづれのひまで,[寛]いつれのひまて,
あれこひをらむ[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました