万葉集3766番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3766番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3766番について

歌番号

3766番

原文

宇流波之等|於毛比之於毛<波婆>|之多婢毛尓|由比都氣毛知弖|夜麻受之努波世

訓読

愛しと思ひし思はば下紐に結ひつけ持ちてやまず偲はせ

かな読み

うるはしと|おもひしおもはば|したびもに|ゆひつけもちて|やまずしのはせ

カタカナ読み

ウルハシト|オモヒシオモハバ|シタビモニ|ユヒツケモチテ|ヤマズシノハセ

ローマ字読み|大文字

URUHASHITO|OMOHISHIOMOHABA|SHITABIMONI|YUHITSUKEMOCHITE|YAMAZUSHINOHASE

ローマ字読み|小文字

uruhashito|omohishiomohaba|shitabimoni|yuhitsukemochite|yamazushinohase

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|狭野弟上娘子

校異

婆波->波婆【代匠記精撰本】

寛永版本

うるはしと[寛],
おもひしおもはば,[寛]おもひしおもはは,
したびもに,[寛]したひもに,
ゆひつけもちて[寛],
やまずしのはせ,[寛]やますしのはせ,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました