万葉集3776番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3776番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3776番について

歌番号

3776番

原文

家布毛可母|美也故奈里世婆|見麻久保里|尓之能御馬屋乃|刀尓多弖良麻之

訓読

今日もかも都なりせば見まく欲り西の御馬屋の外に立てらまし

かな読み

けふもかも|みやこなりせば|みまくほり|にしのみまやの|とにたてらまし

カタカナ読み

ケフモカモ|ミヤコナリセバ|ミマクホリ|ニシノミマヤノ|トニタテラマシ

ローマ字読み|大文字

KEFUMOKAMO|MIYAKONARISEBA|MIMAKUHORI|NISHINOMIMAYANO|TONITATERAMASHI

ローマ字読み|小文字

kefumokamo|miyakonariseba|mimakuhori|nishinomimayano|tonitateramashi

左注|左註

右二首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|配流|恋情|悲別|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

けふもかも[寛],
みやこなりせば,[寛]みやこなりせは,
みまくほり[寛],
にしのみまやの[寛],
とにたてらまし[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました