万葉集3757番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3757番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3757番について

歌番号

3757番

原文

安我<未>許曽|世伎夜麻<故>要弖|許己尓安良米|許己呂波伊毛尓|与里尓之母能乎

訓読

我が身こそ関山越えてここにあらめ心は妹に寄りにしものを

かな読み

あがみこそ|せきやまこえて|ここにあらめ|こころはいもに|よりにしものを

カタカナ読み

アガミコソ|セキヤマコエテ|ココニアラメ|ココロハイモニ|ヨリニシモノヲ

ローマ字読み|大文字

AGAMIKOSO|SEKIYAMAKOETE|KOKONIARAME|KOKOROHAIMONI|YORINISHIMONO

ローマ字読み|小文字

agamikoso|sekiyamakoete|kokoniarame|kokorohaimoni|yorinishimono

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|悲別|狭野弟上娘子

校異

末->未【類】【紀】【細】|許->故【類】【紀】【細】

寛永版本

あがみこそ,[寛]あかみこそ,
せきやまこえて[寛],
ここにあらめ[寛],
こころはいもに[寛],
よりにしものを[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました