万葉集3777番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3777番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3777番について

歌番号

3777番

原文

伎能布家布|伎美尓安波受弖|須流須敝能|多度伎乎之良尓|祢能未之曽奈久

訓読

昨日今日君に逢はずてするすべのたどきを知らに音のみしぞ泣く

かな読み

きのふけふ|きみにあはずて|するすべの|たどきをしらに|ねのみしぞなく

カタカナ読み

キノフケフ|キミニアハズテ|スルスベノ|タドキヲシラニ|ネノミシゾナク

ローマ字読み|大文字

KINOFUKEFU|KIMINIAHAZUTE|SURUSUBENO|TADOKIOSHIRANI|NENOMISHIZONAKU

ローマ字読み|小文字

kinofukefu|kiminiahazute|surusubeno|tadokioshirani|nenomishizonaku

左注|左註

右二首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|配流|恋情|悲別|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

きのふけふ[寛],
きみにあはずて,[寛]きみにあはすて,
するすべの,[寛]するすへの,
たどきをしらに,[寛]たときをしらに,
ねのみしぞなく,[寛]ねのみしそなく,

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました