万葉集3781番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3781番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3781番について

歌番号

3781番

原文

多婢尓之弖|毛能毛布等吉尓|保等登藝須|毛等奈那難吉曽|安我古非麻左流

訓読

旅にして物思ふ時に霍公鳥もとなな鳴きそ我が恋まさる

かな読み

たびにして|ものもふときに|ほととぎす|もとなななきそ|あがこひまさる

カタカナ読み

タビニシテ|モノモフトキニ|ホトトギス|モトナナナキソ|アガコヒマサル

ローマ字読み|大文字

TABINISHITE|MONOMOFUTOKINI|HOTOTOGISU|MOTONANANAKISO|AGAKOHIMASARU

ローマ字読み|小文字

tabinishite|monomofutokini|hototogisu|motonananakiso|agakohimasaru

左注|左註

右七首中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|動物|羈旅|配流|恋情|怨恨|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

たびにして,[寛]たひにして,
ものもふときに,[寛]ものものときに,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
もとなななきそ[寛],
あがこひまさる,[寛]あかこひまさる,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました