万葉集3756番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3756番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3756番について

歌番号

3756番

原文

牟可比為弖|一日毛於知受|見之可杼母|伊等波奴伊毛乎|都奇和多流麻弖

訓読

向ひ居て一日もおちず見しかども厭はぬ妹を月わたるまで

かな読み

むかひゐて|ひとひもおちず|みしかども|いとはぬいもを|つきわたるまで

カタカナ読み

ムカヒヰテ|ヒトヒモオチズ|ミシカドモ|イトハヌイモヲ|ツキワタルマデ

ローマ字読み|大文字

MUKAHIITE|HITOHIMOCHIZU|MISHIKADOMO|ITOHANUIMO|TSUKIWATARUMADE

ローマ字読み|小文字

mukahiite|hitohimochizu|mishikadomo|itohanuimo|tsukiwatarumade

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|悲別|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

むかひゐて[寛],
ひとひもおちず,[寛]ひとひもおちす,
みしかども,[寛]みしかとも,
いとはぬいもを[寛],
つきわたるまで,[寛]つきわたるまて,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました