万葉集3730番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3730番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3730番について

歌番号

3730番

原文

加思故美等|能良受安里思乎|美故之治能|多武氣尓多知弖|伊毛我名能里都

訓読

畏みと告らずありしをみ越道の手向けに立ちて妹が名告りつ

かな読み

かしこみと|のらずありしを|みこしぢの|たむけにたちて|いもがなのりつ

カタカナ読み

カシコミト|ノラズアリシヲ|ミコシヂノ|タムケニタチテ|イモガナノリツ

ローマ字読み|大文字

KASHIKOMITO|NORAZUARISHIO|MIKOSHIJINO|TAMUKENITACHITE|IMOGANANORITSU

ローマ字読み|小文字

kashikomito|norazuarishio|mikoshijino|tamukenitachite|imogananoritsu

左注|左註

右四首中臣朝臣宅守上道作歌

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|配流|恋情|羈旅|手向醎|悲別|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

かしこみと[寛],
のらずありしを,[寛]のらすありしを,
みこしぢの,[寛]みこしちの,
たむけにたちて[寛],
いもがなのりつ,[寛]いもかなのりつ,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました