万葉集3765番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3765番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3765番について

歌番号

3765番

原文

麻蘇可我美|可氣弖之奴敝等|麻都里太須|可多美乃母能乎|比等尓之賣須奈

訓読

まそ鏡懸けて偲へとまつり出す形見のものを人に示すな

かな読み

まそかがみ|かけてしぬへと|まつりだす|かたみのものを|ひとにしめすな

カタカナ読み

マソカガミ|カケテシヌヘト|マツリダス|カタミノモノヲ|ヒトニシメスナ

ローマ字読み|大文字

MASOKAGAMI|KAKETESHINUHETO|MATSURIDASU|KATAMINOMONO|HITONISHIMESUNA

ローマ字読み|小文字

masokagami|kaketeshinuheto|matsuridasu|kataminomono|hitonishimesuna

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|枕詞|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

まそかがみ,[寛]まそかかみ,
かけてしぬへと,[寛]かけてしのへと,
まつりだす,[寛]まつりたす,
かたみのものを[寛],
ひとにしめすな[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました