万葉集3731番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3731番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3731番について

歌番号

3731番

原文

於毛布恵尓|安布毛能奈良婆|之末思久毛|伊母我目可礼弖|安礼乎良米也母

訓読

思ふゑに逢ふものならばしましくも妹が目離れて我れ居らめやも

かな読み

おもふゑに|あふものならば|しましくも|いもがめかれて|あれをらめやも

カタカナ読み

オモフヱニ|アフモノナラバ|シマシクモ|イモガメカレテ|アレヲラメヤモ

ローマ字読み|大文字

OMOFUENI|AFUMONONARABA|SHIMASHIKUMO|IMOGAMEKARETE|AREORAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

omofueni|afumononaraba|shimashikumo|imogamekarete|areorameyamo

左注|左註

右十四首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|配流|恋情|羈旅|悲別|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

おもふゑに[寛],
あふものならば,[寛]あふものならは,
しましくも[寛],
いもがめかれて,[寛]いもかめかれて,
あれをらめやも[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました