万葉集3738番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3738番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3738番について

歌番号

3738番

原文

於毛比都追|奴礼婆可毛<等>奈|奴婆多麻能|比等欲毛意知受|伊米尓之見由流

訓読

思ひつつ寝ればかもとなぬばたまの一夜もおちず夢にし見ゆる

かな読み

おもひつつ|ぬればかもとな|ぬばたまの|ひとよもおちず|いめにしみゆる

カタカナ読み

オモヒツツ|ヌレバカモトナ|ヌバタマノ|ヒトヨモオチズ|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

OMOHITSUTSU|NUREBAKAMOTONA|NUBATAMANO|HITOYOMOCHIZU|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

omohitsutsu|nurebakamotona|nubatamano|hitoyomochizu|imenishimiyuru

左注|左註

右十四首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|悲別|枕詞|狭野弟上娘子

校異

登->等【天】【紀】

寛永版本

おもひつつ[寛],
ぬればかもとな,[寛]ぬれはかもとな,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
ひとよもおちず,[寛]ひとよもおちす,
いめにしみゆる[寛],

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました