万葉集3759番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3759番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3759番について

歌番号

3759番

原文

多知可敝里|奈氣杼毛安礼波|之流思奈美|於毛比和夫礼弖|奴流欲之曽於保伎

訓読

たちかへり泣けども我れは験なみ思ひわぶれて寝る夜しぞ多き

かな読み

たちかへり|なけどもあれは|しるしなみ|おもひわぶれて|ぬるよしぞおほき

カタカナ読み

タチカヘリ|ナケドモアレハ|シルシナミ|オモヒワブレテ|ヌルヨシゾオホキ

ローマ字読み|大文字

TACHIKAHERI|NAKEDOMOAREHA|SHIRUSHINAMI|OMOHIWABURETE|NURUYOSHIZOHOKI

ローマ字読み|小文字

tachikaheri|nakedomoareha|shirushinami|omohiwaburete|nuruyoshizohoki

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|孤独|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

たちかへり[寛],
なけどもあれは,[寛]なけともあれは,
しるしなみ[寛],
おもひわぶれて,[寛]おもひわふれて,
ぬるよしぞおほき,[寛]ぬるよしそおほき,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました