万葉集3763番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3763番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3763番について

歌番号

3763番

原文

多婢等伊倍婆|許<登>尓曽夜須伎|須敝毛奈久|々流思伎多婢毛|許等尓麻左米也母

訓読

旅と言へば言にぞやすきすべもなく苦しき旅も言にまさめやも

かな読み

たびといへば|ことにぞやすき|すべもなく|くるしきたびも|ことにまさめやも

カタカナ読み

タビトイヘバ|コトニゾヤスキ|スベモナク|クルシキタビモ|コトニマサメヤモ

ローマ字読み|大文字

TABITOIHEBA|KOTONIZOYASUKI|SUBEMONAKU|KURUSHIKITABIMO|KOTONIMASAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

tabitoiheba|kotonizoyasuki|subemonaku|kurushikitabimo|kotonimasameyamo

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|羈旅|配流|恋情|自覚|悲嘆|狭野弟上娘子

校異

等->登【類】【紀】【細】

寛永版本

たびといへば,[寛]たひといへは,
ことにぞやすき,[寛]ことにそやすき,
すべもなく,[寛]すへもなく,
くるしきたびも,[寛]くるしきたひも,
ことにまさめやも,[寛]こらにまさめやも,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました