万葉集3785番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3785番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3785番について

歌番号

3785番

原文

保登等藝須|安比太之麻思於家|奈我奈氣婆|安我毛布許己呂|伊多母須敝奈之

訓読

霍公鳥間しまし置け汝が鳴けば我が思ふ心いたもすべなし

かな読み

ほととぎす|あひだしましおけ|ながなけば|あがもふこころ|いたもすべなし

カタカナ読み

ホトトギス|アヒダシマシオケ|ナガナケバ|アガモフココロ|イタモスベナシ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|AHIDASHIMASHIOKE|NAGANAKEBA|AGAMOFUKOKORO|ITAMOSUBENASHI

ローマ字読み|小文字

hototogisu|ahidashimashioke|naganakeba|agamofukokoro|itamosubenashi

左注|左註

右七首中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|動物|恋情|羈旅|配流|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
あひだしましおけ,[寛]あひたしましおけ,
ながなけば,[寛]なかなけは,
あがもふこころ,[寛]あかもふこころ,
いたもすべなし,[寛]いたもすへなし,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました