遊覧

万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4187番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4187番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4187番について歌番号4187番原文念度知|大夫能|許久礼|繁思乎|見明良米|情也良牟等|布勢乃海尓|小船都良奈米|真可伊可氣|伊許藝米具礼婆|乎布能浦尓|霞多奈妣伎|垂姫...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4188番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4188番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4188番について歌番号4188番原文藤奈美能|花盛尓|如此許曽|浦己藝廻都追|年尓之努波米訓読藤波の花の盛りにかくしこそ浦漕ぎ廻つつ年に偲はめかな読みふぢなみの|はなのさか...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4199番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4199番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4199番について歌番号4199番原文藤奈美|影成海之|底清美|之都久石乎毛|珠等曽吾見流訓読藤波の影なす海の底清み沈く石をも玉とぞ我が見るかな読みふぢなみの|かげなすうみの...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4200番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4200番について歌番号4200番原文多I乃浦能|底左倍尓保布|藤奈美乎|加射之氐将去|不見人之為訓読多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のためかな読みたこのうら...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4201番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4201番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4201番について歌番号4201番原文伊佐左可尓|念而来之乎|多I乃浦尓|開流藤見而|一夜可經訓読いささかに思ひて来しを多胡の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべしかな読みいささかに|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4202番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4202番について歌番号4202番原文藤奈美乎|借廬尓造|灣廻為流|人等波不知尓|海部等可見良牟訓読藤波を仮廬に作り浦廻する人とは知らに海人とか見らむかな読みふぢなみを|かり...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4203番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4203番について歌番号4203番原文家尓去而|奈尓乎将語|安之比奇能|山霍公鳥|一音毛奈家訓読家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一声も鳴けかな読みいへにゆきて|なにをか...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4204番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4204番について歌番号4204番原文吾勢故我|捧而持流|保寶我之婆|安多可毛似加|青盖訓読我が背子が捧げて持てるほほがしはあたかも似るか青き蓋かな読みわがせこが|ささげても...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4205番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4205番について歌番号4205番原文皇神祖之|遠御代三世波|射布折|酒飲等伊布曽|此保寶我之波訓読皇祖の遠御代御代はい重き折り酒飲みきといふぞこのほほがしはかな読みすめろき...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4206番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4206番について歌番号4206番原文之夫多尓乎|指而吾行|此濱尓|月夜安伎氐牟|馬之末時停息訓読渋谿をさして我が行くこの浜に月夜飽きてむ馬しまし止めかな読みしぶたにを|さし...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4049番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4049番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4049番について歌番号4049番原文於呂可尓曽|和礼波於母比之|乎不乃宇良能|安利蘇野米具利|見礼度安可須介利訓読おろかにぞ我れは思ひし乎布の浦の荒礒の廻り見れど飽かずけり...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4050番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4050番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4050番について歌番号4050番原文米豆良之伎|吉美我伎麻佐婆|奈家等伊比之|夜麻保藝須|奈尓加伎奈可奴訓読めづらしき君が来まさば鳴けと言ひし山霍公鳥何か来鳴かぬかな読みめ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4051番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4051番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4051番について歌番号4051番原文多胡乃佐伎|許能久礼之氣尓|保登等藝須|伎奈伎等余米|波太古非米夜母訓読多古の崎木の暗茂に霍公鳥来鳴き響めばはだ恋ひめやもかな読みたこの...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4036番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4036番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4036番について歌番号4036番原文伊可尓安流|布勢能宇良曽毛|許己太久尓|吉民我弥世武等|和礼乎等登牟流訓読いかにある布勢の浦ぞもここだくに君が見せむと我れを留むるかな読...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4046番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4046番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4046番について歌番号4046番原文可牟佐夫流|多流比女能佐吉|許支米具利|見礼登安可受|伊加尓和礼世牟訓読神さぶる垂姫の崎漕ぎ廻り見れども飽かずいかに我れせむかな読みかむ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4047番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4047番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4047番について歌番号4047番原文多流比賣野|宇良乎許藝都追|介敷乃日波|多努之久安曽敝|移比都支尓勢訓読垂姫の浦を漕ぎつつ今日の日は楽しく遊べ言ひ継ぎにせむかな読みたる...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4048番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4048番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4048番について歌番号4048番原文多流比女能|宇良乎許具不祢|可治末尓母|奈良野和藝乎|和須礼氐於毛倍也訓読垂姫の浦を漕ぐ舟梶間にも奈良の我家を忘れて思へやかな読みたるひ...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3992番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3992番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3992番について歌番号3992番原文布勢能宇美能|意枳都之良奈美|安利我欲比|伊夜登偲能波尓|見都追思播牟訓読布勢の海の沖つ白波あり通ひいや年のはに見つつ偲はむかな読みふせ...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3993番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3993番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3993番について歌番号3993番原文布治奈美波|佐岐弖知理尓伎|宇能波奈波|伊麻曽佐可理等|安之比奇能|夜麻尓毛野尓毛|保登等藝須|奈伎之等与米婆|宇知奈妣久|許己呂毛之努...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3994番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3994番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3994番について歌番号3994番原文之良奈美能|与世久流多麻毛|余能安比太母|都藝弖民仁許武|吉欲伎波麻備乎訓読白波の寄せ来る玉藻世の間も継ぎて見に来む清き浜びをかな読みし...
万葉集|第なし巻の和歌一覧

万葉集番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集番について歌番号無記3番原文上巳名辰暮春麗景|桃花昭瞼以分紅|柳色含苔而競緑|于時也携手ナ望江河之畔訪酒迥野客之家|既而也琴罇得性蘭契和光|嗟乎今日所恨徳星已少歟|若不扣寂章何以逍遥...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3973番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3973番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3973番について歌番号3973番原文憶保枳美能|弥許等可之古美|安之比奇能|夜麻野佐良受|安麻射可流|比奈毛乎佐牟流|麻須良袁夜|奈邇可母能毛布|安乎尓余之|奈良治伎可欲布...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3974番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3974番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3974番について歌番号3974番原文夜麻夫枳波|比尓々々佐伎奴|宇流波之等|安我毛布伎美波|思久々々於毛保由訓読山吹は日に日に咲きぬうるはしと我が思ふ君はしくしく思ほゆかな...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3975番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3975番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3975番について歌番号3975番原文和賀勢故邇|古非須敝奈賀利|安之可伎能|保可尓奈氣加布|安礼之可奈思母訓読我が背子に恋ひすべながり葦垣の外に嘆かふ我れし悲しもかな読みわ...
万葉集|第なし巻の和歌一覧

万葉集番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集番について歌番号無記4番原文昨暮来使幸也以垂晩春遊覧之詩|今朝累信辱也以貺相招望野之歌|一看玉藻稍寫欝結二吟秀句已ニ愁緒|非此眺翫孰能暢心乎|但惟下僕禀性難彫闇神靡瑩|握翰腐毫對研忘...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3991番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3991番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3991番について歌番号3991番原文物能乃敷能|夜蘇等母乃乎能|於毛布度知|許己呂也良武等|宇麻奈米氐|宇知久知夫利乃|之良奈美能|安里蘇尓与須流|之夫多尓能|佐吉多母登保...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3954番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3954番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3954番について歌番号3954番原文馬並氐|伊射宇知由可奈|思夫多尓能|伎欲吉伊蘇尓|与須流奈弥見尓訓読馬並めていざ打ち行かな渋谿の清き礒廻に寄する波見にかな読みうまなめて...
タイトルとURLをコピーしました