万葉集4202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4202番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4202番について

歌番号

4202番

原文

藤奈美乎|借廬尓造|灣廻為流|人等波不知尓|海部等可見良牟

訓読

藤波を仮廬に作り浦廻する人とは知らに海人とか見らむ

かな読み

ふぢなみを|かりいほにつくり|うらみする|ひととはしらに|あまとかみらむ

カタカナ読み

フヂナミヲ|カリイホニツクリ|ウラミスル|ヒトトハシラニ|アマトカミラム

ローマ字読み|大文字

FUJINAMIO|KARIIHONITSUKURI|URAMISURU|HITOTOHASHIRANI|AMATOKAMIRAMU

ローマ字読み|小文字

fujinamio|kariihonitsukuri|uramisuru|hitotohashirani|amatokamiramu

左注|左註

久米朝臣継麻呂

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月12日年紀|植物|遊覧|氷見|富山

校異

特に無し

寛永版本

ふぢなみを,[寛]ふちなみを,
かりいほにつくり,[寛]かりほにつくり,
うらみする,[寛]あさりする,
ひととはしらに[寛],
あまとかみらむ[寛],

巻数

第19巻

作者

久米継麻呂

タイトルとURLをコピーしました