万葉集3991番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3991番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3991番について

歌番号

3991番

原文

物能乃敷能|夜蘇等母乃乎能|於毛布度知|許己呂也良武等|宇麻奈米氐|宇知久知夫利乃|之良奈美能|安里蘇尓与須流|之夫多尓能|佐吉多母登保理|麻都太要能|奈我波麻須義氐|宇奈比河波|伎欲吉勢其等尓|宇加波多知|可由吉加久遊岐|見都礼騰母|曽許母安加尓等|布勢能宇弥尓|布祢宇氣須恵氐|於伎敝許藝|邊尓己伎見礼婆|奈藝左尓波|安遅牟良佐和伎|之麻<未>尓波|許奴礼波奈左吉|許己婆久毛|見乃佐夜氣吉加|多麻久之氣|布多我弥夜麻尓|波布都多能|由伎波和可礼受|安里我欲比|伊夜登之能波尓|於母布度知|可久思安蘇婆牟|異麻母見流其等

訓読

もののふの|八十伴の男の|思ふどち|心遣らむと|馬並めて|うちくちぶりの|白波の|荒礒に寄する|渋谿の|崎た廻り|松田江の|長浜過ぎて|宇奈比川|清き瀬ごとに|鵜川立ち|か行きかく行き|見つれども|そこも飽かにと|布勢の海に|舟浮け据ゑて|沖辺漕ぎ|辺に漕ぎ見れば|渚には|あぢ群騒き|島廻には|木末花咲き|ここばくも|見のさやけきか|玉櫛笥|二上山に|延ふ蔦の|行きは別れず|あり通ひ|いや年のはに|思ふどち|かくし遊ばむ|今も見るごと

かな読み

もののふの|やそとものをの|おもふどち|こころやらむと|うまなめて|うちくちぶりの|しらなみの|ありそによする|しぶたにの|さきたもとほり|まつだえの|ながはますぎて|うなひがは|きよきせごとに|うかはたち|かゆきかくゆき|みつれども|そこもあかにと|ふせのうみに|ふねうけすゑて|おきへこぎ|へにこぎみれば|なぎさには|あぢむらさわき|しまみには|こぬれはなさき|ここばくも|みのさやけきか|たまくしげ|ふたがみやまに|はふつたの|ゆきはわかれず|ありがよひ|いやとしのはに|おもふどち|かくしあそばむ|いまもみるごと

カタカナ読み

モノノフノ|ヤソトモノヲノ|オモフドチ|ココロヤラムト|ウマナメテ|ウチクチブリノ|シラナミノ|アリソニヨスル|シブタニノ|サキタモトホリ|マツダエノ|ナガハマスギテ|ウナヒガハ|キヨキセゴトニ|ウカハタチ|カユキカクユキ|ミツレドモ|ソコモアカニト|フセノウミニ|フネウケスヱテ|オキヘコギ|ヘニコギミレバ|ナギサニハ|アヂムラサワキ|シマミニハ|コヌレハナサキ|ココバクモ|ミノサヤケキカ|タマクシゲ|フタガミヤマニ|ハフツタノ|ユキハワカレズ|アリガヨヒ|イヤトシノハニ|オモフドチ|カクシアソバム|イマモミルゴト

ローマ字読み|大文字

MONONOFUNO|YASOTOMONONO|OMOFUDOCHI|KOKOROYARAMUTO|UMANAMETE|UCHIKUCHIBURINO|SHIRANAMINO|ARISONIYOSURU|SHIBUTANINO|SAKITAMOTOHORI|MATSUDAENO|NAGAHAMASUGITE|UNAHIGAHA|KIYOKISEGOTONI|UKAHATACHI|KAYUKIKAKUYUKI|MITSUREDOMO|SOKOMOAKANITO|FUSENOMINI|FUNEUKESUETE|OKIHEKOGI|HENIKOGIMIREBA|NAGISANIHA|AJIMURASAWAKI|SHIMAMINIHA|KONUREHANASAKI|KOKOBAKUMO|MINOSAYAKEKIKA|TAMAKUSHIGE|FUTAGAMIYAMANI|HAFUTSUTANO|YUKIHAWAKAREZU|ARIGAYOHI|IYATOSHINOHANI|OMOFUDOCHI|KAKUSHIASOBAMU|IMAMOMIRUGOTO

ローマ字読み|小文字

mononofuno|yasotomonono|omofudochi|kokoroyaramuto|umanamete|uchikuchiburino|shiranamino|arisoniyosuru|shibutanino|sakitamotohori|matsudaeno|nagahamasugite|unahigaha|kiyokisegotoni|ukahatachi|kayukikakuyuki|mitsuredomo|sokomoakanito|fusenomini|funeukesuete|okihekogi|henikogimireba|nagisaniha|ajimurasawaki|shimaminiha|konurehanasaki|kokobakumo|minosayakekika|tamakushige|futagamiyamani|hafutsutano|yukihawakarezu|arigayohi|iyatoshinohani|omofudochi|kakushiasobamu|imamomirugoto

左注|左註

右守大伴宿祢家持作之|[四月廿四日]

事項|分類・ジャンル

天平19年4月24日年紀|遊覧|土地讃美|地名|氷見|富山|枕詞|道行翮|高岡|寿歌

校異

末->未【類】

寛永版本

もののふの[寛],
やそとものをの[寛],
おもふどち,[寛]おもふとち,
こころやらむと[寛],
うまなめて[寛],
うちくちぶりの,[寛]うちこちふりの,
しらなみの[寛],
ありそによする[寛],
しぶたにの,[寛]しふたにの,
さきたもとほり[寛],
まつだえの,[寛]まつたえの,
ながはますぎて,[寛]なかはますきて,
うなひがは,[寛]うなひかは,
きよきせごとに,[寛]きよきせことに,
うかはたち[寛],
かゆきかくゆき[寛],
みつれども,[寛]みつれとも,
そこもあかにと[寛],
ふせのうみに[寛],
ふねうけすゑて[寛],
おきへこぎ,[寛]おきへこき,
へにこぎみれば,[寛]へにこきみれは,
なぎさには,[寛]なきさには,
あぢむらさわき,[寛]あちむらさわき,
しまみには,[寛]しままには,
こぬれはなさき[寛],
ここばくも,[寛]ここはくも,
みのさやけきか[寛],
たまくしげ,[寛]たまくしけ,
ふたがみやまに,[寛]ふたかみやまに,
はふつたの[寛],
ゆきはわかれず,[寛]ゆきはわかれす,
ありがよひ,[寛]ありかよひ,
いやとしのはに[寛],
おもふどち,[寛]おもふとち,
かくしあそばむ,[寛]かくしあそはむ,
いまもみるごと,[寛]いまもみること,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました