万葉集4203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4203番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4203番について

歌番号

4203番

原文

家尓去而|奈尓乎将語|安之比奇能|山霍公鳥|一音毛奈家

訓読

家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一声も鳴け

かな読み

いへにゆきて|なにをかたらむ|あしひきの|やまほととぎす|ひとこゑもなけ

カタカナ読み

イヘニユキテ|ナニヲカタラム|アシヒキノ|ヤマホトトギス|ヒトコヱモナケ

ローマ字読み|大文字

IHENIYUKITE|NANIOKATARAMU|ASHIHIKINO|YAMAHOTOTOGISU|HITOKOEMONAKE

ローマ字読み|小文字

iheniyukite|naniokataramu|ashihikino|yamahototogisu|hitokoemonake

左注|左註

判官久米朝臣廣縄

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月12日年紀|動物|枕詞|氷見|富山|牫侄げ|遊覧

校異

特に無し

寛永版本

いへにゆきて[寛],
なにをかたらむ[寛],
あしひきの[寛],
やまほととぎす,[寛]やまほとときす,
ひとこゑもなけ[寛],

巻数

第19巻

作者

久米広縄

タイトルとURLをコピーしました