万葉集3975番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3975番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3975番について

歌番号

3975番

原文

和賀勢故邇|古非須敝奈賀利|安之可伎能|保可尓奈氣加布|安礼之可奈思母

訓読

我が背子に恋ひすべながり葦垣の外に嘆かふ我れし悲しも

かな読み

わがせこに|こひすべながり|あしかきの|ほかになげかふ|あれしかなしも

カタカナ読み

ワガセコニ|コヒスベナガリ|アシカキノ|ホカニナゲカフ|アレシカナシモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKONI|KOHISUBENAGARI|ASHIKAKINO|HOKANINAGEKAFU|ARESHIKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoni|kohisubenagari|ashikakino|hokaninagekafu|areshikanashimo

左注|左註

三月五日大伴宿祢池主

事項|分類・ジャンル

天平19年3月5日年紀|贈答|大伴家持|恋情|遊覧|書簡|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

わがせこに,[寛]わかせこに,
こひすべながり,[寛]こひすへなかり,
あしかきの[寛],
ほかになげかふ,[寛]ほかにかけかふ,
あれしかなしも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました