万葉集4200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4200番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4200番について

歌番号

4200番

原文

多I乃浦能|底左倍尓保布|藤奈美乎|加射之氐将去|不見人之為

訓読

多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のため

かな読み

たこのうらの|そこさへにほふ|ふぢなみを|かざしてゆかむ|みぬひとのため

カタカナ読み

タコノウラノ|ソコサヘニホフ|フヂナミヲ|カザシテユカム|ミヌヒトノタメ

ローマ字読み|大文字

TAKONORANO|SOKOSAHENIHOFU|FUJINAMIO|KAZASHITEYUKAMU|MINUHITONOTAME

ローマ字読み|小文字

takonorano|sokosahenihofu|fujinamio|kazashiteyukamu|minuhitonotame

左注|左註

次官内蔵忌寸縄麻呂

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月12日年紀|遊覧|氷見|富山|植物|地名

校異

特に無し

寛永版本

たこのうらの[寛],
そこさへにほふ[寛],
ふぢなみを,[寛]ふちなみを,
かざしてゆかむ,[寛]かさしてゆかむ,
みぬひとのため[寛],

巻数

第19巻

作者

内蔵縄麻呂

タイトルとURLをコピーしました