万葉集3992番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3992番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3992番について

歌番号

3992番

原文

布勢能宇美能|意枳都之良奈美|安利我欲比|伊夜登偲能波尓|見都追思<努>播牟

訓読

布勢の海の沖つ白波あり通ひいや年のはに見つつ偲はむ

かな読み

ふせのうみの|おきつしらなみ|ありがよひ|いやとしのはに|みつつしのはむ

カタカナ読み

フセノウミノ|オキツシラナミ|アリガヨヒ|イヤトシノハニ|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

FUSENOMINO|OKITSUSHIRANAMI|ARIGAYOHI|IYATOSHINOHANI|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

fusenomino|okitsushiranami|arigayohi|iyatoshinohani|mitsutsushinohamu

左注|左註

右守大伴宿祢家持作之|[四月廿四日]

事項|分類・ジャンル

天平19年4月24日年紀|遊覧|土地讃美|地名|氷見|富山|寿歌

校異

奴->努【類】【紀】【細】

寛永版本

ふせのうみの[寛],
おきつしらなみ[寛],
ありがよひ,[寛]ありかよひ,
いやとしのはに[寛],
みつつしのはむ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました