万葉集4206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4206番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4206番について

歌番号

4206番

原文

之夫多尓乎|指而吾行|此濱尓|月夜安伎氐牟|馬之末時停息

訓読

渋谿をさして我が行くこの浜に月夜飽きてむ馬しまし止め

かな読み

しぶたにを|さしてわがゆく|このはまに|つくよあきてむ|うましましとめ

カタカナ読み

シブタニヲ|サシテワガユク|コノハマニ|ツクヨアキテム|ウマシマシトメ

ローマ字読み|大文字

SHIBUTANIO|SASHITEWAGAYUKU|KONOHAMANI|TSUKUYOAKITEMU|UMASHIMASHITOME

ローマ字読み|小文字

shibutanio|sashitewagayuku|konohamani|tsukuyoakitemu|umashimashitome

左注|左註

守大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月12日年紀|地名|氷見|富山|道行翮|遊覧

校異

特に無し

寛永版本

しぶたにを,[寛]しふたにを,
さしてわがゆく,[寛]さしてわかゆく,
このはまに[寛],
つくよあきてむ,[寛]つきよあきてむ,
うましましとめ,[寛]うましましとめよ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました