万葉集4199番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4199番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4199番について

歌番号

4199番

原文

藤奈美<乃>|影成海之|底清美|之都久石乎毛|珠等曽吾見流

訓読

藤波の影なす海の底清み沈く石をも玉とぞ我が見る

かな読み

ふぢなみの|かげなすうみの|そこきよみ|しづくいしをも|たまとぞわがみる

カタカナ読み

フヂナミノ|カゲナスウミノ|ソコキヨミ|シヅクイシヲモ|タマトゾワガミル

ローマ字読み|大文字

FUJINAMINO|KAGENASUMINO|SOKOKIYOMI|SHIZUKUISHIOMO|TAMATOZOWAGAMIRU

ローマ字読み|小文字

fujinamino|kagenasumino|sokokiyomi|shizukuishiomo|tamatozowagamiru

左注|左註

守大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月12日年紀|遊覧|氷見|富山|植物|土地讃美

校異

祐->I【元】【文】【紀】【温】|月->見【西(訂正右書)】【元】【文】【紀】|能->乃【元】【類】

寛永版本

ふぢなみの,[寛]ふちなみの,
かげなすうみの,[寛]かけなるうみの,
そこきよみ[寛],
しづくいしをも,[寛]しつくいしをも,
たまとぞわがみる,[寛]たまとそわかみる,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました