万葉集4187番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4187番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4187番について

歌番号

4187番

原文

念度知|大夫能|許<乃>久礼<能>|繁思乎|見明良米|情也良牟等|布勢乃海尓|小船都良奈米|真可伊可氣|伊許藝米具礼婆|乎布能浦尓|霞多奈妣伎|垂姫尓|藤浪咲而|濱浄久|白波左和伎|及々尓|戀波末佐礼杼|今日耳|飽足米夜母|如是己曽|祢年<乃>波尓|春花之|繁盛尓|秋葉能|黄色時尓|安里我欲比|見都追思努波米|此布勢能海乎

訓読

思ふどち|ますらをのこの|木の暗の|繁き思ひを|見明らめ|心遣らむと|布勢の海に|小舟つら並め|ま櫂掛け|い漕ぎ廻れば|乎布の浦に|霞たなびき|垂姫に|藤波咲て|浜清く|白波騒き|しくしくに|恋はまされど|今日のみに|飽き足らめやも|かくしこそ|いや年のはに|春花の|茂き盛りに|秋の葉の|もみたむ時に|あり通ひ|見つつ偲はめ|この布勢の海を

かな読み

おもふどち|ますらをのこの|このくれの|しげきおもひを|みあきらめ|こころやらむと|ふせのうみに|をぶねつらなめ|まかいかけ|いこぎめぐれば|をふのうらに|かすみたなびき|たるひめに|ふぢなみさきて|はまきよく|しらなみさわき|しくしくに|こひはまされど|けふのみに|あきだらめやも|かくしこそ|いやとしのはに|はるはなの|しげきさかりに|あきのはの|もみたむときに|ありがよひ|みつつしのはめ|このふせのうみを

カタカナ読み

オモフドチ|マスラヲノコノ|コノクレノ|シゲキオモヒヲ|ミアキラメ|ココロヤラムト|フセノウミニ|ヲブネツラナメ|マカイカケ|イコギメグレバ|ヲフノウラニ|カスミタナビキ|タルヒメニ|フヂナミサキテ|ハマキヨク|シラナミサワキ|シクシクニ|コヒハマサレド|ケフノミニ|アキダラメヤモ|カクシコソ|イヤトシノハニ|ハルハナノ|シゲキサカリニ|アキノハノ|モミタムトキニ|アリガヨヒ|ミツツシノハメ|コノフセノウミヲ

ローマ字読み|大文字

OMOFUDOCHI|MASURAONOKONO|KONOKURENO|SHIGEKIOMOHIO|MIAKIRAME|KOKOROYARAMUTO|FUSENOMINI|OBUNETSURANAME|MAKAIKAKE|IKOGIMEGUREBA|OFUNORANI|KASUMITANABIKI|TARUHIMENI|FUJINAMISAKITE|HAMAKIYOKU|SHIRANAMISAWAKI|SHIKUSHIKUNI|KOHIHAMASAREDO|KEFUNOMINI|AKIDARAMEYAMO|KAKUSHIKOSO|IYATOSHINOHANI|HARUHANANO|SHIGEKISAKARINI|AKINOHANO|MOMITAMUTOKINI|ARIGAYOHI|MITSUTSUSHINOHAME|KONOFUSENOMIO

ローマ字読み|小文字

omofudochi|masuraonokono|konokureno|shigekiomohio|miakirame|kokoroyaramuto|fusenomini|obunetsuraname|makaikake|ikogimegureba|ofunorani|kasumitanabiki|taruhimeni|fujinamisakite|hamakiyoku|shiranamisawaki|shikushikuni|kohihamasaredo|kefunomini|akidarameyamo|kakushikoso|iyatoshinohani|haruhanano|shigekisakarini|akinohano|momitamutokini|arigayohi|mitsutsushinohame|konofusenomio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月6日年紀|地名|氷見|富山|遊覧|国見表現|植物|土地讃美

校異

能->乃【元】【類】|->能【万葉考】|能->乃【元】【類】

寛永版本

おもふどち,[寛]おもふとち,
ますらをのこの[寛],
このくれの,[寛]このくれに,
しげきおもひを,[寛]しけきおもひを,
みあきらめ[寛],
こころやらむと[寛],
ふせのうみに[寛],
をぶねつらなめ,[寛]をふねつらなめ,
まかいかけ[寛],
いこぎめぐれば,[寛]いこきめくれは,
をふのうらに[寛],
かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,
たるひめに[寛],
ふぢなみさきて,[寛]ふちなみさきて,
はまきよく[寛],
しらなみさわき[寛],
しくしくに[寛],
こひはまされど,[寛]こひはまされと,
けふのみに[寛],
あきだらめやも,[寛]あきたらめやも,
かくしこそ[寛],
いやとしのはに[寛],
はるはなの[寛],
しげきさかりに,[寛]しけきさかりに,
あきのはの[寛],
もみたむときに,[寛]もみつるときに,
ありがよひ,[寛]ありかよひ,
みつつしのはめ[寛],
このふせのうみを[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました