万葉集4205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4205番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4205番について

歌番号

4205番

原文

皇神祖之|遠御代三世波|射布折|酒飲等伊布曽|此保寶我之波

訓読

皇祖の遠御代御代はい重き折り酒飲みきといふぞこのほほがしは

かな読み

すめろきの|とほみよみよは|いしきをり|きのみきといふぞ|このほほがしは

カタカナ読み

スメロキノ|トホミヨミヨハ|イシキヲリ|キノミキトイフゾ|コノホホガシハ

ローマ字読み|大文字

SUMEROKINO|TOHOMIYOMIYOHA|ISHIKIORI|KINOMIKITOIFUZO|KONOHOHOGASHIHA

ローマ字読み|小文字

sumerokino|tohomiyomiyoha|ishikiori|kinomikitoifuzo|konohohogashiha

左注|左註

守大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月12日年紀|植物|遊覧|氷見|富山

校異

特に無し

寛永版本

すめろきの[寛],
とほみよみよは,[寛]とほきみよみよは,
いしきをり,[寛]いひきをり,
きのみきといふぞ,[寛]さけのむといふそ,
このほほがしは,[寛]このほほかしは,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました