万葉集4050番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4050番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4050番について

歌番号

4050番

原文

米豆良之伎|吉美我伎麻佐婆|奈家等伊比之|夜麻保<登等>藝須|奈尓加伎奈可奴

訓読

めづらしき君が来まさば鳴けと言ひし山霍公鳥何か来鳴かぬ

かな読み

めづらしき|きみがきまさば|なけといひし|やまほととぎす|なにかきなかぬ

カタカナ読み

メヅラシキ|キミガキマサバ|ナケトイヒシ|ヤマホトトギス|ナニカキナカヌ

ローマ字読み|大文字

MEZURASHIKI|KIMIGAKIMASABA|NAKETOIHISHI|YAMAHOTOTOGISU|NANIKAKINAKANU

ローマ字読み|小文字

mezurashiki|kimigakimasaba|naketoihishi|yamahototogisu|nanikakinakanu

左注|左註

右一首掾久米朝臣廣縄||前件十五首歌者廿五日作之

事項|分類・ジャンル

天平20年3月25日年紀|動物|宴席|遊覧|氷見|富山

校異

等登->登等【元】【類】

寛永版本

めづらしき,[寛]めつらしき,
きみがきまさば,[寛]きみかきまさは,
なけといひし[寛],
やまほととぎす,[寛]やまほとときす,
なにかきなかぬ[寛],

巻数

第18巻

作者

久米広縄

タイトルとURLをコピーしました